ペットショップで働くための資格

猫

ペットショップで働くために

将来、ペットショップで働きたいと考えている人も多いかと思います。
ペットショップでの仕事は、いろいろな種類の動物と一緒に過ごすことができるため、動物が好きな人にとってはとても楽しい仕事だと思います。

ですが、生き物を扱っている以上大変なこともたくさんあります。
ペットショップにいる動物のすべてが健康なわけではありませんから、残念ながら幼くして死んでしまったりすることもあります。
食事や排泄物の世話などやることがたくさんあって、非常に忙しい職場ということもできます。

ですから、ペットショップで働くには、そういった大変な作業もあるということを知った上で選ぶようにしましょう。

さて、ペットショップで働くには、何か資格のようなものが必要なのでしょうか。
結論から先に言えば、ペットショップで働くために必須の資格というものはありません。
もちろん、ペットショップを自分で経営するというならば話は別です。
ペットショップを開業するためには「動物取扱責任者」の資格がなければいけません。

しかし、ショップの店員として働くならば、特に必要な資格はありません。
ただし、最近はペットショップも即戦力となる人材を求める傾向が強くなっています。
これは他の業界も同じなのですが、不況が続く日本では、まったく経験や知識のない人を雇って、一から教育していくという方法はコストが高くなる。
なので敬遠する企業が多くなっています。

正社員での雇用

アルバイトやパートの場合は別ですが、正社員として雇用してもらおうと考えた場合には、動物関連の専門学校を卒業したり、資格を取得したりして、動物についての知識やスキルを身に付けることをお勧めします。

では、ペットショップで働くために、取得しておくと良い資格とは一体どういったものがあるでしょうか。
まずオススメなのが、「愛玩動物飼養管理士(日本愛玩動物協会が認定)」や「愛犬飼育管理士(JCKが公認)」といった資格です。

これらの資格は対象となる動物に違いがありますが(前者は動物全般、後者は犬限定)、動物を正しい方法で飼育するための基本的な知識を学ぶことができます。
また、動物取扱責任者の資格取得にも繋がるので、将来ペットショップの独立開業を考えている人にもオススメの資格です。

ショップの店員としては「家庭動物販売士」の資格も取得しておきたい資格の一つです。
動物を販売する上での知識を修得することが出来ますから、就職などにも有利になるでしょう。
最近ではペットショップスタッフやペットフード会社の社員などの中にも受験をする人が増えているようです。

また、ペットショップ店員の仕事は接客業ですから、「サービス接遇検定」や「ビシネス実務マナー検定」といった、一般社会人として、また、接客業に携わる一人の人間として、必要となるビジネスマナーについての資格を取得するのもオススメです。

もちろん、この他にも、トリマーとしての資格やペットシッターとしての資格、動物看護師の資格などを取得することで、就職にかなり有利になることは間違いないでしょう。