ペットモデルの活躍

犬

活躍しているペットモデルたち

愛くるしい目が印象のチワワや、白い毛並みが綺麗な北海道犬など多くの動物がペットモデルとして活躍しています。
そんな動物たちの活躍の場とはどのようなところなのでしょうか。
まず一つは動物の専門雑誌の表紙を飾るというもので、多くの書籍の中から手にとってもらうことが必要になりますが、表紙にインパクトがなければいけません。
そこで可愛い動物を使用することでペットに興味のない人も手にとるようになりますし、購買率も高くなります。
このような効果にも役だっているため、ペットモデルは必要不可欠な存在なのです。
もちろんどんな犬や猫でも採用されるわけではなく、その時代のニーズにあった動物が起用されるので、大型犬や小型犬すべての種類にチャンスがあります。
5年ほど前だとチワワに人気が集まっててこれはテレビコマーシャルの影響がとても強いです。
今までそれほど認知されていなかったチワワの小さい身体と大きな瞳が印象的で可愛いと爆発的な人気を呼んだのです。
これを機会に一気にペットモデルの活躍が広がりました。
今でも動物を中心にした番組では看板犬として活躍する犬もいますし、一緒に旅をする犬も有名ですね。
これはペットモデルを採用することで動物が身近な存在になり、また虐待や捨て犬を減らすといった効果があります。

その他のペットモデルたち

他にも彼らの活躍の場は沢山あり、映画に出ている動物も多くいます。
サルやうさぎ、カメなどその数は数えきれません。
有名なところでは101匹わんちゃんで、アニメーションが実写化されたときに多くのダルメシアンが採用されて話題を呼びました。
ペットモデルは色々な場面で呼ばれることが多く、より高い知性を持っている動物でなければいけません。
そのためしつけもしっかりとされており、お座りやお手、待てなどの基本動作から人に噛みつかない、吠えないという訓練もされています。
動物は不安や緊張で吠えたり噛みついたりしてしまうものですが、しっかりと訓練していればそんな心配もありません。
そしてここで気になるのはギャランティーの発生ですが、もちろんギャラは支払われます。
ギャラの幅はフォトブックに採用されると15万円ほどで、チラシや広告だと3000円ほどになります。
テレビで長期契約をする場合はもっと高額なギャラが支払われることになりますが、寿命が人よりも短いので、このような長期契約は中々ないといえるでしょう。
もちろん無料ということもありますので、はじめに確認をしておくと安心です。
このように活躍の場は人と変わらず色々とありますので、自分の買っているペットもいつどこで人気者になるかわかりません。
チャンスは少なくても一度そのチャンスをつかむと大きいので、モデルとして活躍させてあげるのもいいかもしれません。
仕事だと思わせるのではなく、遊びのひとつとしてあげると動物にストレスがかかることがないのでおすすめです。
事務所登録や個人など方法は色々とありますので、詳しく知りたい方は一度調べてみてはいかがでしょうか。